地盤調査専門業者に液状化対策を依頼|井戸掘り工事について知ろう

メンズ

浅井戸と深井戸

さく井工事というのは、井戸を掘るための工事です。もし、水の消費量が多く毎月膨大な水道料金が掛かってしまっているのであれば、さく井工事で専用水道を引くことによって大幅に水道料金を削減することができるでしょう。

建物の転倒原因

作業員

構造物を建てる際には、地盤における液状化現象の対策について検討する必要があります。液状化現象というのは、地震による発生した振動によって構造物下の地盤を構成する土同士の支え合う力が崩れ、液状化してしまう現象です。液状化現象が発生すると、地盤が建物を支えられなくなってしまい、転倒・傾斜・沈下といった被害が生じます。また、建物を支えるための杭が地中で破損したり、建物周りの地盤が沈下したりすることがある他、地中に埋められているタンクが地上に浮き上がってきてしまい配管等が破損してしまうこともあるそうです。そういった被害を防ぐためにも、構造物を建てる時には液状化現象の対策についてしっかりと検討しなければなりません。しかし、普通の人は地盤に関する知識なんて有していないでしょう。そのため、液状化現象の対策について検討する時には、地盤の専門家である地盤調査専門業者に依頼する必要があるのです。

地盤調査専門業者は精密な地盤調査を行ない、その土地の知識や地盤の状態について把握します。そして、最適な液状化対策を行なってくれるのです。地盤調査専門業者が行なう液状化対策として、締め固め工法・固化工法・変形防止工法・排水溝法・耐震工法等が挙げられます。締め固め工法は石灰や砂を地中に押し込むことで固め、液状化を防ぐ対策方法です。固化方法は、セメントを注入する方法で効果的に地質を固くすることができます。変形防止工法に関しては、構造物の建つ周囲の地中を壁で囲み動かないようにする方法となっています。排水溝法は水気の多い地盤に用いられる液状化対策で、水を逃がすことで液状化するのを防ぐのです。最後に、耐震工法について。耐震工法は構造物とその構造物を支える杭を液状化現象が発生しても壊れない強固なものにするといった対策方法です。このように、地盤調査専門業者が行なう液状化対策というのは多岐に渡り、地盤調査の結果から最適な液状化対策工事を行なってくれます。それらの液状化対策工事は、構造物を建てる前だけでなく、既に建物が建っている地盤に対しても行なうことができますので、液状化現象に不安を抱えている建物の所有者がいるのであれば、地盤調査専門業者に相談してみることをお勧めします。

井戸

目的に合わた井戸掘り工事

井戸掘り工事というのは、井戸を掘るための工事です。しかし、最近の井戸掘り工事では制御盤を利用して地下水の汲み上げを制御したり、地下配管によって地下水を供給したりすることもできるようになったのです。

工事

地質調査と地盤調査

近年では、地質調査と地盤調査という言葉が同じ意味の言葉として使われるようになりました。本来であれば、地質調査は学術的目的・資源探査目的で行なわれる地質の調査を指し、地盤調査は構造物を建てる際の安全性を保つための調査を指します。