浅井戸と深井戸|地盤調査専門業者に液状化対策を依頼|井戸掘り工事について知ろう

地盤調査専門業者に液状化対策を依頼|井戸掘り工事について知ろう

作業スタッフ

浅井戸と深井戸

井戸

日本国内において最も豊富な資源というのは、地下に存在する水です。日本は海に囲まれている国ですので、全国各地ほぼ全ての地中に地下水が存在します。もし、水道料金を大幅に削減したいと考えている人がいるのであれば、その地下水を利用すると良いでしょう。地下水の利用する際には、さく井工事業者に連絡・相談する必要があります。さく井工事業者というのは、井戸を掘ることを専門とした業者です。井戸というのは、穴を掘って地下水を汲み上げる昔ながらの設備で、その井戸を掘ることによって水道代を大幅に削減することができるのです。さく井工事業者の掘る井戸には二種類存在し、一つは浅井戸、二つ目に深井戸と呼ばれるものがあります。

浅井戸は浅い層に存在する地下水を汲み上げるための井戸で、名前の通り深さの無い井戸です。それに対して深井戸は地中深くに存在する深層地下水を汲み上げるための深い井戸のことを指します。それぞれの違いというのは、天候や地表汚染の影響を受け易いかどうかにあるでしょう。浅井戸の場合、底が地表に近いため雨水や泥、その他汚染物質が流れ込んでしまい影響を受けてしまいます。さく井工事は掘る深さによって左右されますので、普段掛かっている水道料金と工事費用を比較して、将来的に得するかどうかを考えてさく井工事を依頼すると良いでしょう。